MENU

ノルレボの値段と保険

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

ノルレボはサービスピルの一種ですが、値段的にはどうなるのでしょうか。

 

もしも病院にかかる体制、ノルレボだけの値段を考えてもあまり意味がありません。

 

ただただ処方してもらうだけですむ筈がなく、診療を受け、必要な診察を振る舞いに関してまでビジョンに入れないといけないからです。

 

これらを考え合わせると、1回1錠を処方してもらうのに鳴る値段は、多分10000円から2万円周囲に関してになるでしょう。

 

これは、こういうノルレボ製法に関するような医療費には、現役保険が徹頭徹尾選択にならないことも大きなきっかけとなっています。

 

普通の疾患で医者通いした場合、診療にかかる費用も診察にかかる費用も薬にかかる費用も全てひっくるめて一般的には3割気掛かりになります。

 

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

つまり、合計でかかった医療費の3割だけがTOPで自分が払う金で、残りの7割は現役保険からその医者に対して支払われるのです。

 

だがノルレボの場合、薬にかかる金額だけでなくその他の金額についても全部現役保険が利きません。

 

そのため、医療費の全てを自分がTOPで支払わなければならないのです。

 

一方、通販の場合はどうなるのでしょうか。通販の場合は、当然ながら現役保険は選択にはなりません。

 

ですから、薬にかかる金額としては10割気掛かりだ。だが、診療や診察などは全部ありませんから、その分の金額はかかりません。

 

診療や診察が必要とされるような疾患が多いことは間違いありませんが、ノルレボを必要としている体制、わざわざ診療も診察も無用でしょう。

 

自分で何が必要なのかは初めから分かっているはずです。

 

から、通販のほうが収支にかかる金額は低いということが言えます。もっと、薬のところだけを考えても、通販のほうが少ないことがほとんどです。

 

それは、海外からおんなじインパクトのジェネリック医薬品などを輸入して販売することができるためです。

 

医者もこれは可能筈なのですが、いかんせん自分で選択できない上記、少ない医薬品を扱っていない医者では良い値段を支払わざるを得ないわけです。

 

ノルレボトップへ